あなたを今よりも幸せに

​-塩地法律事務所ブログ-

June 12, 2019

<どういう場合に成年後見人を選任してもらう必要があるか>

 高齢者や障がい者が財産管理を十分にできない場合に、必ず成年後見人を付けなければならないわけではありません。ご家族等が事実上通帳などを管理し、施設の契約も代わって行っているような場合があります。配偶者やお子さんが、家族として適切に管理されているケースは多くあると思われ、ほとんどの場合は成年後見人が選任されていないと思われます。

 実際にどういう場合に成年後見人が選任されているか、塩地が経験した例をいくつかご紹介します(事案は簡略化しています)。

①親族も高齢になり責任をもって財産管...

  当事務所の成年後見業務の進め方について、ご紹介します。なお、保佐業務・補助業務の進め方についても、基本的には同様です。

 1回目は、成年後見業務の開始です。

<成年後見業務の開始(成年後見開始申立と家庭裁判所からの選任)>

  成年後見業務は、家庭裁判所から選任されることによって開始します。

  認知症や障害等により判断能力が乏しくなり、財産管理をすることができなくなった方については、ご家族等が成年後見の開始を家庭裁判所に申し立てて、成年後見開始の審判がされると、成年後見人が選任されます。

  成年後見の申立てをする際は、後見人候補者を指...

Please reload

弁護士 塩地 陽介

最新記事

September 10, 2020

March 30, 2020

February 26, 2020

February 18, 2020

February 7, 2020

January 31, 2020

January 16, 2020

December 17, 2019

December 5, 2019

Please reload

アーカイブ
Please reload

ソーシャルメディア